大学受験のために予備校には通わなかったこと

大学へは推薦を狙うことにしました

予備校 / 相模原、町田の大学 受験学習塾・予備校 MARCH以上・早慶首都大志望なら

私は3兄弟の末っ子でしたが、兄が県外の大学に通っていたため、母子家庭だった我が家では仕送りが大変だったことが分かっていました。
しかし私もどうしても大学で環境問題に関する勉強がしたかったので、県内で自宅から通えて、環境学を学べることが出来、私の学力で目指せる大学を調べて、志望校として勉強していました。
その大学のレベルは私の学力では少し足りず、本当であれば大学受験に備えて予備校に通いたかったのですが、当時の兄の仕送りや兄が予備校に通っていた時に費用の高さに驚いた経験があったので、家計を考えると、母に予備校に通いたい、とは言えませんでした。
そこで私は大学へは推薦を狙うことにしました。
中学3年生だった私はランクを1つ落として高校受験をし、幸いにも学校に入学してからは常に20番以内の成績でした。
また高校2年生になってから理系クラスになっても、常に5番以内にいる成績を保つように勉強していたので、推薦は十分に狙える成績でした。
毎日、学校で習った内容を教科書を使って復習し、テスト前には参考書や問題集を使って何度も勉強していました。
また学校で行う夏休みや冬休みの講習は毎回参加し、高校主催で行った学習合宿にも参加し、缶詰め状態で勉強もしました。

予備校おわ♪

名古屋、上げていこうや。

— 名古屋いつき (@kuzu_nanode) 2018年8月11日

大学へは推薦を狙うことにしました私は見事、学校推薦の枠を手に入れました予備校に通わなくても何とかなる